アルコアイランド

利き酒師・焼酎利き酒師・ソムリエの資格を持っている筆者がお酒に関する情報を発信していきます

退職祝いや栄転・異動、卒業などの餞別におすすめの日本酒を厳選!!メッセージ性のある日本酒をチョイス

 そろそろ冬が終わり別れの時期になってきますね。今年で定年退職する人や会社の異動、学校では卒業などで、違う土地に行ってしまう人が皆さんの周りにもいらっしゃると思います。そこで今までお世話になったお礼にお酒をプレゼントしたいけど、どれがいいかわからない・・・といった人のために、お別れの餞別にふさわしい日本酒をチョイスしました!
 退職、異動、卒業以外にも父の日や、お祝いごとの時、誕生日にもピッタリの商品たちですので是非参考にしてください!

 

 

 

獺祭 純米大吟醸 磨き二割三分 感謝木箱

 


 まずは日本酒のここ数年の一番のヒット商品から。お酒を飲まない人でも一度くらいは名前を聞いたことがあるのではないでしょうか。


 獺祭はいろいろな種類があり、お手頃なものでは1,650円、一番高いものでは33,000円するものもあります。(ともに720ml)


 そのなかでも高価な「二割三分」という木箱入りの商品があります。通常は商品名しか木箱に書かれていませんが「感謝」と書かれている商品があります。それがこちらの「獺祭 磨き二割三分 感謝」


 原料となるお米を磨けば磨くほど(お米の外側を削れば削るほど)雑味成分がなくなり味が美味しくなり、日本酒のランクも高くなります。


 この「二割三分」とは「二割三分になるまでお米を磨いている」ということですので、お米の外側を67%削っているという、すべての日本酒の中でもトップランクの磨き具合です。

 

 この感謝木箱は獺祭酒造公式HPでも掲載されていないので存在を知らない人も多いはず。中身は通常の二割三分と一緒ですが、気持ちのこもったプレゼントにしたい日人にはとてもおすすめです。 

 

 23%(77%)という極限まで磨いた山田錦を使い、最高の純米大吟醸に挑戦しました。華やかな上立ち香と口に含んだとき のきれいな蜂蜜のような甘み、飲み込んだ後口はきれいに切れていきながらも長く続く余韻。

                                 旭酒造公式HPより

                                     

 

 

梅錦 感謝の気持ち

 

    

 

  愛媛県が誇る銘酒「梅錦」。その梅錦が日本酒最高ランクの純米大吟醸で醸した感謝の気持ちを伝えるためのお酒です。素直に言葉でお礼の言葉を言えない人にはうってつけの商品となっています。

 

 

 

飛竜乗雲 純米大吟醸

 

 

ボトルの中に富士山を閉じ込めたデザイン性の高い日本酒。こちらも日本酒の最高峰の純米大吟醸で造られています。さらに付属のLED照明により青・赤・緑色に輝く富士山を演出することができます!!

 

  包装も風呂敷となっており、和の柄8種類から選ぶことができとても豪華なプレゼントになること間違いなしです。

 

 普通の日本酒じゃつまらない・・・と思っている方にはピッタリです。飲み終わった後も一輪差しや水差し、徳利など、様々な用途に使用することもできます。もちろん飾っておくこともできます。記憶に残るプレゼントになること間違いなしです。

 

 

 これは日本酒ですが、同じく米焼酎タイプの商品もあります。

 

 

 

一生幸福


 名前からしてとても縁起の良い商品です。
 お手頃~高級な価格帯まで様々な種類があります。ご予算に合った商品を選んでみてください。

 本醸造では金色の箱で純金入りとなっています。おめでたい日などに飲んでみたいお酒です。

 

 

鳴門鯛 大吟醸 慶

 

 

 徳島県にある本家松浦酒造が製造する大吟醸。商品名の通り、よろこびを祝う気持ちを込め名づけられました。

 

 2018年の「IWC(インターナショナルワインチャレンジ)大吟醸酒の部で大会推奨酒に選ばれるなど、品質のとても高いお酒。豪華な木箱に入っており、高級感漂う1本です。

 

 何も足さない、無垢な生地のような味を楽しめる「鳴門鯛 大吟醸 慶」は、華やかな含み香と、絹のような滑らかな味わいが楽しめます。
辛口ですが、やわらかく、まろやか。透明感のある爽やかな余韻に満たされます。
大切な方へ贈るお祝いの品として最適です。

 酒造好適米の最高峰 山田錦を40%までじっくり磨き上げ、蔵に伝わる伝統の技で丹念に仕込み、低温発酵させました。全国の杜氏が技を競いあう品評会出品酒をベースとした、まさに杜氏渾身の至極の逸品です。ワイングラスでお飲みいただくと、繊細な香りをお楽しみいただけます。

                              本家松浦酒造公式HPより

 

 

錦鯉 純米

 

 

 鯉をモチーフにした斬新なデザインの日本酒。

 その昔、日本酒を樽で出荷していた時代はお米は貴重品で、そのお米で造る日本酒も貴重だったそう。

 

 少しでも多くお酒を売りたい酒蔵は水で薄めて出荷し、そのお酒をさらに酒屋は薄めて販売してました。金魚が泳げるほどお酒を薄くしていることを揶揄し「金魚酒」と呼んでいたそうです。

 

 しかしこの「錦鯉」を造っている今代司酒造はそんな時代でもお酒を薄めずに出荷し酒屋はとても喜んでいたとのことです。

 このお酒は今代司酒造の在り方を再現するという思いからこの錦鯉を製造するに至っています。

 

 一風変わったこのデザインは日本国内外で様々な賞を獲得しています。国内では有名なグッドデザイン賞をはじめ、「日本パッケージコンテスト」「ジャパンパッケージコンペティションなど、国外でも10を超える賞を受賞しています。 

 

 デザイン関連だけでなく、肝心の味の方も前に紹介した「鳴門鯛 大吟醸 慶」と同じIWC(インターナショナルワインチャレンジ)」で銀賞を受賞しており、品質もお墨付きとなっています。

 

 

おわりに

  いかがでしたでしょうか?今回は退職祝、異動、卒業などの御餞別にふさわしい日本酒をご紹介しました!!一般的なお酒では物足りない、ちょっとインパクトを残したいという人にはとても良い商品たちだと思います。

 皆さんのお酒選びの助けになれれば幸いです。

 

 他にもカテゴリ・ジャンル・イベントごとの贈り物におすすめの日本酒をこのページでまとめています。是非ご覧ください!!

 

www.alco-islands.com