アルコアイランド

お酒好きな筆者が好きにアルコールに関する情報を発信していきます

【各1万本限定】「余市ノンピート」「宮城峡ピーテッド」数量限定発売!!

 「余市」(余市蒸留所)、「宮城峡」(宮城峡蒸留所)を製造しているニッカウヰスキーは2024年に創業90周年を迎えるそうです。

 

 その2024年に向け、NIKKA DISCOVERYシリーズ第1弾商品として余市ノンピート」「宮城峡ピーテッド」をそれぞれ1万本限定で2021年9月24日に数量限定で発売されることになりました!!

 

 

 

余市ノンピート」概要

 

 【商品名】余市 ノンピーテッド

 【アルコール度数】47%

 【容量】700ml

 【参考小売価格】22,000円

 

 通常リリースされているオリジナルの余市は重厚でスモーキー、コクがあり飲みごたえがあるフルボディタイプ。ピートが効いていて複雑実のある香味が特徴です。そのピートタイプで人気のある余市をあえてノンピーテッドモルトでつくったのが今回発売される余市 ノンピーテッド」です。オリジナル余市の深い青色のイメージとは違い爽やかなブルーが印象的なボトルになっています。

 

 力強く厚みのある味わいの『シングルモルト余市』を、あえてノンピーテッドモルト原酒だけを使用してつくりました。余市モルトの特徴である石炭直火蒸溜による力強さはそのままに、ピートの奥に隠れていた余市モルトのやわらかな果実味、なめらかでコクのある甘さが姿を現します。ベリーや洋ナシ、りんごを思わせる甘酸っぱさと、しっかりとしたモルトのコクが調和した味わいを実現しました。華やかでフルーティーな香りとキャラメルのような滑らかでコクのある余韻が心地よく続きます。余市ならではの味わいとともに、ノンピーテッドモルト原酒だけでつくることによってもたらされる香味特徴をバランスよく感じることのできるアルコール分47%を採用しました。

 ※アサヒビール ニュースリリースより

 

 スタンダードの余市は店頭で並んでいることも多くはないです。その限定品ということもあり入手は困難と思われます。オリジナル余市もとてもおいしいですが、このノンピートタイプの味わいも気になるところです。

 

 まだ余市を味わったことのない方は、まずはスタンダード余市を飲んでみることをオススメします。

 

 創業者・竹鶴政孝ウイスキーづくりの理想の地として選んだ、北海道 余市。重厚で力強く、複雑で深みのある味わいのシングルモルトウイスキーです。 やわらかな樽熟成香と麦芽の甘さ、豊かな果実香の調和。力強いピートの味わいと香ばしさ。穏やかに持続するオークの甘さとスモーキーな余韻が特長です。

アサヒビールHPより

 

 

 

 「宮城峡ピーテッド」概要

 

【商品名】宮城峡ピーテッド

【アルコール度数】48% 

【容量】700ml

【参考小売価格】22,000円

 

 オリジナルの宮城峡はノンピート、というわけではなくライトピートタイプの原酒も使用しています。フルーティーで華やか、軽快で甘く滑らかな口当たり。スモーキーでピート感を伴う余市とは違う個性で楽しませてくれます。

 

 その華やかで爽やかな宮城峡をピーテッドモルト原酒のみで作ったのが今回の「宮城峡ピーテッド」。もともとの清らかな飲み心地がピーテッドモルトによってどのような個性を発揮するのか楽しみです。

 

 華やかで軽やかな味わいの『シングルモルト宮城峡』を、あえてピーテッドモルト原酒だけを使用してつくりました。宮城峡モルトの特徴であるエレガントな華やかさはそのままに、ピートと調和した宮城峡モルトの芳醇な甘み、しっかりとしたボディ感が姿を現します。レーズンやドライチェリーの甘さ、軽快だがしっかりとしたピート感を味わえます。宮城峡ならではの味わいとともに、ピーテッドモルト原酒だけでつくることによってもたらされる香味特徴をバランスよく感じることのできるアルコール分48%を採用しました。

 ※アサヒビール ニュースリリースより

 

 スタンダードの宮城峡を飲みたい人はこちら。

 

 

 

 ◆ 余市のラインアップ

 

 今まで発売された余市の商品を紹介していきます。(すべては網羅できず一部のみですが)。現在はスタンダードの余市のみの取り扱いとなっています。

 

 ★ 余市

 

             

 

 先ほども紹介した現在ラインアップされている唯一の商品でありスタンダードボトル。力強くスモーキー、ピートが心地よく飲み応えのある1本。スタンダード商品ながら高い品質を誇り人気もある逸品です。

 

 

 

 ★ 余市10年 (終売)

 

           

 

  2015年8月を以て終売。

 

 

 

 ★ 余市12年 (終売)

 

         

 

 2015年8月を以て終売。

 

 

 

 ★ 余市15年 (終売)

                

 

  2015年8月を以て終売。

 

 

 

 ★ 余市20年 (終売)

 

                

 

  2015年8月を以て終売。

 

 

 

 ★ 余市 ピーティ&ソルテ

 

 

          

 

 余市蒸留所限定発売品。名前の通りピートと潮の香味が際立っている商品。

 

 

 

 ★ 余市 シェリー&スイート

 

 

                

 

  余市蒸留所限定発売品シェリー樽原酒で熟成させた余市モルト原酒を使用。香り華やか、甘美な余市に仕上がっています。

 

 

 

 ★ 余市 ウッディ&バニラ

 

 

          

 

 

 余市蒸留所限定発売品。樽本来のウッディさを強調したボトル。バーボンのようなバニラ香とウッディさを感じられる1本。

 

 

 

 ★ 余市 マンサニーリャウッドフィニッシュ

 

 

         

 

 2018年9月26日に4,000本の数量限定で発売。「宮城峡マンサニーリャウッドフィニッシュ」も同日に数量限定で発売されました。

 

 通常の熟成後、辛口のシェリー酒「マンサリーニャ」を50年間熟成させていた樽で18か月間熟成させています。

 

 力強く厚みのある味わいの「シングルモルト余市」を、マンサニーリャ樽でさらに熟成させ、フルーティーな甘さとコク、香ばしいピートが調和した味わいが特長です。ピーチやパパイヤのようなトロピカルフルーツの香りと、ショートケーキを思わせる甘酸っぱい香りに加え、焚火を思わせるようなピートの余韻をお楽しみいただけます。

アサヒビールニュースリリースより

 

 

 

 ★ 余市 モスカテルウッドフィニッシュ

 

 2017年9月26日に日本市場向け商品として3,500本限定で発売。

 

 「シングルモルト余市モスカテルウッドフィニッシュ」は、力強く厚みのある味わいの「シングルモルト余市」を、ポルトガル産モスカテル種でつくられた酒精強化ワインの樽でさらに熟成させることで、芳醇な甘さとピートのコクが調和した味わいを実現しました。レーズンのような甘さとモルトの香ばしさ、蜂蜜を思わせる甘いコクと果実味あふれる味わいに加えて、樽のビターさとピートの長い余韻が特長です。

 アサヒビールニュースリリースより

 

 
 

 ★ 余市 ラムウッドフィニッシュ

 

 2017年11月頃に欧州・米国市場向けに発売。限定3,500本

 

 「シングルモルト余市ラムウッドフィニッシュ」は、力強くスモーキーな「シングルモルト余市」を、ラム樽でさらに熟成させることで、ラム由来のまろやかな甘みが溶け込んだ深い味わいに仕上げました。心地よいピートの薫香とモルトの香ばしさに、オレンジやビターチョコレート風味が調和した長い余韻が特長です。

アサヒビールニュースリリースより

 

 ★ 余市 リミテッドエディション2019

 

         

 

 2019年3月12日に700本限定で発売。ホテルやBARなど業務用市場でのみで、宮城峡蒸留所設立50周年施策として発売されました。

 

 余市の1960年代~2000年代の各年代の原酒をバッティングさせています。

 

 力強く厚みのある味わいの余市モルト原酒の中から、5つの年代の原酒をヴァッティングしました。ダークチョコのようなビターな味わいや、香ばしい麦のコクが特長です。オーク由来のバニラの香りに加えて力強いピートの余韻をお楽しみいただけます。

アサヒビールニュースリリースより

 

 

 

 ★ 余市 アップルブランデーウッドフィニッシュ

 

 

                

 

 2020年3月24日に6,700本限定で発売。同日に「宮城峡 アップルブランデーウッドフィニッシュ」も6,450本限定で発売されています。

 

 通常の余市の熟成後、28年間熟成させていたアップルブランデーの樽で約6か月熟成しフィニッシュさせた商品。

 

 力強く厚みのある味わいの『シングルモルト余市』を、アップルブランデーの樽でさらに熟成させることで、芳醇な甘さとピートのコクが調和した味わいを実現しました。りんごのコンポートのような甘い芳香とモルティで豊かな香り、アップルパイやフルーツクッキーを思わせる焼き菓子のような香ばしくスイートな味わいで、ほのかなピートと麦の甘さが心地よく続きます。

アサヒビールニュースリリースより

 

 

 ◆宮城狭のラインアップ

 

 次に宮城峡のラインアップをみていきます。余市同様、現在はスタンダードの宮城峡のみの販売となっています。

 

 ★ 宮城峡

 

                                          

 

 今現在ラインアップされている唯一の宮城峡。爽やかでフルーティー、軽快な味わいは日本人の口に合っているといえるかもしれません。

 

 
 

 ★ 宮城峡 10年 (終売)

 

                             

 

 2015年8月を以て終売。

 

 ★ 宮城峡 12年 (終売)

 

 

                               

 

 2015年8月を以て終売。

 

 
 

 ★ 宮城峡 15年 (終売)

 

 

                           

 

 2015年8月を以て終売。

 

 ★ 宮城峡 フルーティ&リッチ

 

 
 

 宮城峡蒸留所限定商品。

 

 ★ 宮城峡 モルティ&ソフト

 

                                        

 

  宮城峡蒸留所限定商品

 

 

 

 ★ 宮城峡 シェリー&スイート

 

 

 

 宮城峡蒸留所限定商品

 

 ★ 宮城峡 マンサニーリャウッドフィニッシュ

 

 

         

 

 2018年9月26日に4,000本の数量限定で発売。同日に「余市マンサニーリャウッドフィニッシュ」も発売されています。

 

 華やかで軽やかな味わいの「シングルモルト宮城峡」を、マンサニーリャ樽でさらに熟成させ、まろやかな甘さとやわらかな苦みが調和した味わいが特長です。ドライフルーツや、ココナッツ、ミルクチョコレートを思わせる甘い香りに加え、樽由来の少しほろ苦い余韻をお楽しみいただけます。

アサヒビールニュースリリースより

 

 
 

 ★ 宮城峡 モスカテルウッドフィニッシュ

 

 

                                                         

 

 2017年9月26日に日本市場向けに発売。3,500本限定です。同日に「シングルモルト余市モスカテルウッドフィニッシュ」も発売されました。

 

 「シングルモルト宮城峡モスカテルウッドフィニッシュ」は、華やかで軽やかな味わいの「シングルモルト宮城峡」を、ポルトガル産モスカテル種でつくられた酒精強化ワインの樽でさらに熟成させることで、爽やかな甘さとビターな樽香が調和した味わいを実現しました。マスカットを思わせるフレッシュな香りとモルトの香ばしさ、樽の香りと調和したフルーティーな味わいに加えて、樽のビターさと甘くコクのある長い余韻が特長です。

アサヒビールニュースリリースより 

 

 ★ 宮城峡 ラムウッドフィニッシュ

 

 20017年11月頃に欧州・米国市場向けに発売3,500本限定。同時に「シングルモルト余市ラムウッドフィニッシュ」も欧州・米国市場向けに3,500本限定で発売されています。

 

シングルモルト宮城峡ラムウッドフィニッシュ」は、シェリー樽の風味が効いた軽やかな味わいの「シングルモルト宮城峡」を、ラム樽でさらに熟成させることで、熟した果実やスパイスの風味が付与されたボディ感のある味わいに仕上げました。ドライフルーツやキャラメルのような甘い香り、濃厚でコクのある味わいが特長です。

アサヒビールニュースリリースより

 

 ★ 宮城峡 リミテッドエディション2019

 

 

                          

 

 2019年3月12日に700本限定で発売。同日に「シングルモルト余市リミテッドエディション2019」も700本限定で発売されました。

 

 華やかで軽やかな味わいの宮城峡モルト原酒の中から、宮城峡蒸溜所で初めて蒸溜された原酒(ファーストドロップ)を含む、5つの年代の原酒をヴァッティングしました。シェリー樽由来のコクのある甘さ、芳醇で豊かな味わいが特長です。長期熟成を経たシェリーのような甘い香りに加えて、カシューナッツのような滑らかさ、ほのかなピートの余韻をお楽しみいただけます。

アサヒビールニュースリリースより

 

 
 

 ★ 宮城峡 アップルブランデーウッドフィニッシュ

 

 

                                                     

 

 2020年3月24日に6,450本限定で発売。同日に「シングルモルト余市アップルブランデーウッドフィニッシュ」も6,700本限定で発売されています。

 

 華やかで軽やかな味わいの『シングルモルト宮城峡』を、アップルブランデーの樽でさらに熟成させることで、爽やかな甘さとやわらかな渋みが調和した味わいを実現しました。落ち着いたウッディな樽の香りと甘く華やかな香り、フレッシュなりんごのみずみずしさ、フルーツケーキを思わせる甘酸っぱい味わいで、樽のほろ苦さと甘さが、シナモンのようなスパイシーさとともにゆっくり続きます。

アサヒビールニュースリリースより

 

 

 

 まとめ

 

 今回は限定発売される余市ノンピート」、「宮城峡ピーテッド」、さらに過去に発売された余市、宮城峡の限定品などをご紹介しました。

 

 今回の「余市ノンピート」「宮城峡ピーテッド」が手に入らなかったとしても今回紹介した限定品を代わりに味わってみるのもいいかもしれません。

 

 この記事が皆さんのお役に立てれば幸いです!!