アルコアイランド

お酒好きの筆者が好きにアルコールに関する情報を発信していきます

アベラワーってどんなウイスキー?特徴と種類、おすすめを徹底解説!!プレゼントにおすすめは?

 

       

 
 アベラワーはゲール語で「せせらぐ小川の小口」を意味します。その名の通り清らかな水を仕込み水とし、理想的な環境で造られるスペイサイドウイスキー。
 アベラワーの特徴はバーボン樽シェリー樽の2種類の樽を使った「ダブルカスクマチュアード製法」で造られるため、フルーティーでエレガント、優しく芳醇な味わいとなります。また、玉ねぎ型のポットスチルで製造されるため豊かで味わいに仕上がります。シングルモルトの中でも売上上位にランクインされる人気銘柄です。

 

 

【蒸留所概要】

アベラワー ABERLOUR (スコッチ・シングルモルト)

【ゲール語】

 せせらぐ小川の小口

【地域】

スコットランド スペイサイド地方

【仕込み水】

ベンリネス山中腹の水泉

【創業年】

1826年

【正規輸入代理店】
ペルノ・リカール

【所有者】

 ペルノリカール社

【特徴】

・バーボン樽とシェリー樽を駆使した「ダブルマチュアード製法」がメイン

・シングルモルトの中でも売上上位に入る人気銘柄

・豊かでふくよか、複雑でフルーティーな味わい

 

 1879年、ジェームス・フレミングがスコットランド スペイサイド地方のほぼ中心にあるアベラワー村でアベラワー蒸留所を創業しました。 アベラワーとはゲール語で「せせらぐ小川の川口」を意味し、清らかな水に恵まれたウイスキーづくりに理想的な場所に位置しています。 厳選されたシェリー樽とバーボン樽の2種類の樽を使って熟成する ダブルカスクマチュレーションが商品の特徴で、熟成のピークを迎えるまで寝かせます。 それによってアベラワーは完璧なバランスを保つ 複雑で豊かな風味を醸し出すシングルモルトウイスキーとなるのです。

※アベラワーHPより

 

【アベラワーをキーモルトにしているウイスキー】

様々なウイスキーの原酒をブレンドしているスコッチウイスキーのことを「ブレンデッドウイスキー」といいます。「キーモルト」とは、そのブレンデッドウイスキーの核として使用しているウイスキーの銘柄のこと。

 シーバスリーガル

 同じくペルノリカールが所有しているシーバスリーガルにキーモルトとして使われています。シーバスのキーモルトとしては他に終売となっている「ストラスアイラ」も有名です。

 

 

 
 

【アベラワーの種類】

 それではアベラワーの種類を紹介していきます。おなじみダブルマチュアードやいろんな樽を組み合わせたなど多彩なラインアップです。 

 

 アベラワー12年 ダブルカスクマチュアード

 

      

 

 アベラワーのスタンダード商品。一般的にアベラワーといえばこれでしょう。後に紹介する14年、16年、18年と同じ、バーボン樽とシェリー樽の2種類の樽を使った「ダブルカスクマチュアード製法」で造られています。
 リンゴやチョコレ ートなどの甘い香味とシナモン、ジンジャーのようなスパイシーでフルーティーな味わいが調和した逸品。

 

 
 

 アベラワー 14年 ダブルカスクマチュアード

 

       

 

 こちらは青い箱が印象的。12年ものより2年熟成年数が長い表記となった、バーボン樽とシェリー樽を使ったダブルカスクマチュアード。甘くまろやかで12年よりも上を行くクオリティ。

 

 

 

 アベラワー16年 ダブルカスクマチュアード

 

                     

 

 14年よりさらに2年熟成年数の表記が長いダブルカスクマチュアード。緑の箱となっています。熟成年数で箱やボトルの色が変わるのが趣がありますね。

 

 
 

 アベラワー18年 ダブルカスクマチュアード

 

 ダブルマチュアードの最高級品。18年ものとなるとやはり高級になります。

 

 

 アベラワー ホワイトオーク

 

      

 

 フランス市場向けのアイテム。普段は「ダブルカスクマチュアード製法」のアベラワーがホワイトオークで熟成させた商品。蒸留年が表記されているので、記念の年を探して贈り物にするのもいいでしょう。値段もお手頃です。

 

 
 

 アベラワー トリプルカスク

 

          

 

 その名と通り、3つの樽を使って造られたアベラワー。アメリカンオーク、ヨーロピアンオーク、シェリーカスクの3種類。

 バニラやハニーのようなリッチで甘い香り、フルーティーで柔らかく余韻も長く楽しめます。

 

 
 

 アベラワー10年 フォレストリザーヴ

 

       

 

バーボン樽とシェリー樽で熟成後、リムーザンオーク樽でフィニッシュ。リムーザンオーク樽とはコニャックなどブランデーの熟成に使われる樽のことで、タンニンやポリフェノール類が豊富なのが特徴です。

 

 
 

 アベラワー12年 ノンチルフィルタード

 

        

 

 12年のダブルカスクマチュアード同様バーボン樽とシェリー樽で熟成させています。しかしダブルカスクマチュアードと違うのは「ノンチルフィルタード」で製造している点です。
 「ノンチルフィルタード」とは、冷却濾過をしていないということ。通常のウイスキーは冷却濾過をすることにより、白濁した成分を取り除いていますが、同時に旨味成分なども除去してしまっています。ノンチルフィルタード(冷却濾過しない)ことにより、この旨味成分を残したままボトリングしています。

 アルコール度数もやや高めの48度という仕様。アベラワーの中でもメジャーではない商品ですが、いつもとは違うアベラワーを試してみたい人にオススメです。

 

 
 

 アベラワー15年 セレクトカスク

 

      

 
 バーボン樽とシェリー樽で熟成させた原酒を最後にシェリーの大樽で熟成させたアベラワー。
 

 

 

 アベラワー カスクアヌー

 

      

 

「カスクアヌー」とはゲール語で「希少な樽」を意味します。ヨーロッピアンオークのシェリー樽、2種類のアメリカンオーク樽の計3種類の樽を使用して造られています。 酒類コンクールでも6度金賞を受賞している逸品。
 シェリー樽由来の甘く華やかで芳醇な味わいが特徴です。

 

 
 

 アベラワー アブーナ (アブナック)

 

       


 「シェリー爆弾」とも呼ばれ、シェリーの風味が強くシェリー樽熟成のウイスキーが好きな人におすすめ。

 商品名の「アブーナ」(「アブナック」という表記もあります)とはゲール語で「起源」という意味です。先人たちが培ってきたウイスキー造りの功績を尊重し19世紀の創業当時と同じ手法で造られています。

 スパニッシュオークのオロロソシェリーバット熟成原酒のみを使用、シングルカスク、さらにカスクストレングス仕様。パワフルで濃厚な1本です。バッチナンバーごとにアルコール度数も異なります。

 

 

 

【プレゼントにおすすめのアベラワーは?】

 アベラワーの特徴といえばやはり「ダブルマチュアード製法」なので、12年・14年・16年・18年のダブルカスクマチュアードを予算に応じて選ぶのが最適でしょう。その他でしたら、「カスクアヌー」または「アブーナ」を選べばよいと思います。

 

【アベラワーに似ているスペックのウイスキー】

 同じくスペイサイド地方でアベラワーと同じバーボン樽とシェリー樽をメインにリリースしているところに「バルヴェニー」、「マッカラン」があります。どちらかというとバルヴェニーの方がアベラワーよりでしょうか。マッカランはダブルカスク、トリプルカスクがバーボンとシェリー樽熟成となっています。マッカランのほう繊細で華やかなイメージです。

 

【まとめ】

 アベラワーはスペイサイドでも人気の蒸留所で世界売上上位に入っている通り、人気があり実力もあるブランドです。バーボン樽とシェリー樽原酒を使用した「ダブルカスクマチュアード」をメインに様々な樽を使い分けた商品があります。

 

 近年は14年以上の商品を見かけることも少なくなってきているので、飲んだことのない人はスタンダードの12年を早めに経験しておいたほうがいいでしょう。