アルコアイランド

お酒好きの筆者が好きにアルコールに関する情報を発信していきます

バルヴェニーってどんなウイスキー?特徴と種類、おすすめを徹底解説!!プレゼントにおすすめは?

 

         

 
 バルヴェニーはスコットランドのスペイサイド地方に位置するシングルモルトウイスキー。シックな佇まいと高級感、さらには芳醇な味わいで人気のウイスキーです。
 
 

 

【蒸留所概要】

バルヴェニー BALVENIE (スコッチ・シングルモルト)

【ゲール語】
山麓の集落

【地域】

スコットランド スペイサイド地方

【仕込み水】

コンバルヒルの泉

【創業年】

1892年

【正規輸入代理店】

サントリー

【所有者】

 ウィリアム・グラント&サンズ

 

 バルヴェニーはグレンフィディックと同じ「ウィリアムグラント&サンズ社」が所有。そのためグレンフィディックと同じ敷地内に蒸溜所があり隣接しています。
 今では少なくなったフロアモルティングをする蒸留所でもあります。基本的にはバーボン樽とシェリー樽を使いますが、ワイン樽ラムカスクなど様々な樽を使ったウイスキーもリリースしており、多彩な味を楽しめるのも魅力です。 


 バルヴェニーとして原酒は売らず、他の原酒をごく少量のみ混ぜて「バーンサイド」として出荷しています。
 兄的存在のグレンフィディックと飲み比べて見るのも一興。ライトな味わいのグレンフィディックに対しバルヴェニーはふくよかで甘くリッチな味わいを楽しむことができます。

 

【特徴】

・バーボン、シェリーのみならず、ポートやラムなど多彩な樽を使用

・今では数少ないフロアモルティングを継続

・蜂蜜のような甘くふくよかな味わい

 

職人技が生み出すこだわりのプレミアムモルト。

職人が手作りでつくる贅沢なモルトは蜂蜜の風味と熟成感あふれる芳香が特徴。

※サントリーHPより

 

【バルヴェニーをキーモルトにしているウイスキー】

 様々なウイスキーの原酒をブレンドしているスコッチウイスキーのことを「ブレンデッドウイスキー」といいます。「キーモルト」とは、そのブレンデッドウイスキーの核として使用しているウイスキーの銘柄のこと。

 

 グランツ

 

      

 

 グランツは世界販売量第三位のブレンデッドスコッチ。バルヴェニーのほかグレンフィディックキニンヴィなど、ウィリアム・グラント&サンズ社が所有する蒸留所の原酒がキーモルトとして使用されています。一番手頃なものは1000円ちょっとで買える「グランツ トリプルウッド」。ほかにも「グランツ トリプルウッド スモーキー」「グランツ 18年」などがあります。

 

 

 

 モンキーショルダー

 

       

 

 モンキーショルダーはブレンデッドウイスキーではなくグレーンウイスキーが含まれていない「ブレンデッドモルト」になります。こちらもグランツ同様バルヴェニーグレンフィディックキニンヴィがキーモルト。

 見た目は特徴的ですが、軽快で癖が少ないながらリッチで人気のあるブレンデッドモルトです。

 

 

 

【バルヴェニーの種類】

 それではバルヴェニーの種類をみていきます。バーボン×シェリーだけでなく、ポートやシェリー100%のもの、ピーテッドタイプのものなど多彩なラインアップとなっています。

 

バルヴェニー 12年 ダブルウッド

 

 

        

 

 バルヴェニーのスタンダード商品。一般的にバルヴェニーといえばこれです。バーボン樽で熟成したあとシェリー樽でフィニッシュさせています。深くふくよかでなめらか。シェリー樽の甘い余韻も◎。

 

 
 

バルヴェニー 12年 トリプルカスク 

 

      


 免税店限定。12年、16年、25年と3種類あるトリプルカスクシリーズの一つで一番熟成年数が若いもの。オロロソシェリー(ヨーロピアンオーク)、バーボンバレル(ファーストフィル)、バーボンバレル(リフィル)の3つの樽を使用しています。フィニッシュではなくヴァッティング。
 

 
 

バルヴェニー 12年 シングルバレル ファーストフィル 

       

 

 アメリカンホワイトオークのバーボンバレルのファーストフィルでボトリング。シングルバレルなので単一の樽のみで瓶詰め。ノンチルフィルター。市場でも見かけなくなりました。イギリス・アメリカ市場向け商品です。

 

 

 

バルヴェニー 12年 ザ・スイート トースト オブ アメリカンオーク

 

       

 

 バーボン樽で熟成したあと、ケンタッキー産のトーストしたバージンオークでフィニッシュ。名前の通りより甘いバルヴェニー。

 

 
 

バルヴェニー 14年 カリビアンカスク

 

          

 

 ラムカスクで熟成させたバルヴェニー。14年間オーク樽で熟成させた後、仕上げにカリビアンラムを熟成させた樽でフィニッシュ。ラムカスクで熟成すると甘いトロピカルなフルーツのようなフルーティーな香味をウイスキーに与えます。

 

 
 

バルヴェニー 14年ウィーク オブ ピート

 

 ノンピート主体のバルヴェニーの中で珍しいピーテッドタイプのウイスキー。バルヴェニーでは1年で1週間のみピーテッドモルトのバッチを蒸留しています。これはそのピーテッドモルトを14年間熟成した商品。穏やかで甘いピート、微かなスモーキーさを感じさせます。

 

 

 

バルヴェニー 15年 シェリーカスク シングルバレル

       

 1つのシェリー樽(シングルバレル)で15年熟成させたバルヴェニー。シェリー100%となります。シェリー樽でのみ熟成させた100%シェリーはあまりなく、さらに15年ものシングルバレルシェリー樽はあまりないのではないでしょうか。
 

 
 

バルヴェニー 16年トリプルカスク

 

       

 

 免税店限定。12年、16年、25年とラインアップがあるトリプルカスクシリーズの一つ。バーボン樽(ファーストフィル、リフィル)とシェリー樽の3種類の樽を使用。

 

 
 

バルヴェニー 17年 ダブルウッド


            

 

 バーボン樽で熟成したあと、シェリー樽に詰め替えフィニッシュ。12年ダブルウッドと同じくバーボン樽で熟成した後シェリー樽でフィニッシュ。12年よりもよりリッチでふくよかで滑らかな味わいです。

   

 

 

バルヴェニー 21年 ポートウッド

 

 1996年発売以来数多くの賞を受賞している逸品。主にシェリー樽で熟成させた21年モルト原酒を、最高級のヴィンテージポート樽で熟成。ということでポートウッドフィニッシュになります。

 ノンチルフィルター、やや高いアルコール度数47.6度でボトリング。クリーミーでシルキー、蜂蜜のようにフルーティーで甘く長い余韻に浸ることができます。

 

 

 

バルヴェニー 25年トリプルカスク 

 

 免税店限定。12年、16年、25年があるトリプルカスクシリーズの最高峰。ファーストフィルのバーボン樽、リフィルのバーボン樽とシェリー樽を使用。12年・16年は筒状の箱でしたがこの25年は豪華な化粧箱仕様。バルヴェニーらしい蜂蜜のような甘さと豊潤さ、滑らかさを完璧に具体化させた逸品。

 

 
 

バルヴェニー 26年 デイ オブ ダークバーレイ

 

       

 

黒ビールの一種である「スタウト」の製造に使用されるダークローストした麦芽を使用した26年熟成。バルヴェニー特有の蜂蜜、オーク、バニラ、シトラスのフレーバーにスモーキーなニュアンスが加わっています。

 

 

 

【プレゼントにおすすめのバルヴェニーは?】

 手頃な予算ですと、スタンダードボトルの「バルヴェニー12年 ダブルウッド」または「バルヴェニー12年 トリプルカスク」おすすめ。少し変わったものがいいという方は「バルヴェニー14年 カリビアンカスク」、ピーテッドタイプの「バルヴェニー14年 ウィークオブピート」がいいと思います。


 予算にこだわらない人は「バルヴェニー 15年 シェリーカスク シングルバレル」「バルヴェニー 21年 ポートウッド」、「バルヴェニー  25年 トリプルカスク」などがオススメです。

【バルヴェニーと似ているスペックのウイスキー】

 

 バルヴェニーはスペイサイド地方のバーボン樽とシェリー樽を主に使用した商品が多いです。同じスペイサイドでバーボン樽とシェリー樽を駆使したウイスキーで代表的なのは「アベラワー」があります。アベラワーは「ダブルカスクマチュアード」という製品がバーボン樽とシェリー樽で造られております、アベラワーの特徴を表したウイスキーとなっています。

 

 

 まとめ

 

 バルヴェニーはシングルバレル(1つの樽)、ダブルウッド(2種類)、トリプルカスク(3種類)や、カリビアンカスク、シェリーカスクなど、多彩な樽を使った製品を様々リリースしています。
 味の定評も高く味わいとともに存在感もリッチで高級感があります。長期熟成の商品は高貴な箱、さらには価格も高くなっていますのでとっておきのプレゼントの時にも最適なブランドです。