アルコアイランド

利き酒師・焼酎利き酒師・ソムリエの資格を持っている筆者がお酒に関する情報を発信していきます

プレミア芋焼酎「魔王」は電話1本で定価購入可能!方法を細かく伝授します!!(けど半年待ち)

                                    

 

 皆さんはプレミア芋焼酎「魔王」はご存知でしょうか?

 芋焼酎の中で最も価値があり人気のある「3M」(森伊蔵村尾魔王)の一つに数えられ、生産量が少ないにもかかわらず需要が大きすぎるためプレミア価格で販売されている焼酎です。

 

 そのため定価で販売されていることは皆無です。他の森伊蔵、村尾含め、3Mはよほどのことでなければ定価で入手することは不可能です。

 

 ちなみにですが、魔王の定価は720mlで1,730円1.8Lで3,240円です。一般的な焼酎とほぼ変わりません。


 この記事を書いている現在、楽天最安値は720mlで約3,000円1.8Lは約9,000円、アマゾンでは720mlで約4,800円1.8Lは約7,000円です。実に2~3倍の価格です。実際の小売店で入手しようとするともっと高い価格になるでしょう。

 

 しかし、その魔王も定価で購入することは不可能ではありません!ただ、少しめんどくさいのと、手に入れるまでに半年ほどかかることがネックです。その少しの手間と半年の期間を我慢すれば、あの魔王がプレミア価格ではなく、一般的な焼酎と同じくらいの値段で楽しむことができます!

 

 「手っ取り早くプレミア価格でもいいから購入したい!」という方は下のリンクから各商品サイトにジャンプできます。

 それでは「定価で購入できる方法」を教える前に、魔王をおさらいしましょう。

 

 

 

 魔王のおさらい

 

 

 

【商品名】魔王

【メーカー】白玉醸造

【使用芋】黄金千貫

【使用麹】非公表 (おそらく白麹or黄麹)

【蒸留方法】減圧蒸留

【価格】720ml  1,730円

    1.8L   3,240円

 

 魔王は3Mの中では一番飲みやすいのではないのでしょうか。フルーティーで清らかでクリア、飲みやすいのもありながら芋の旨味も味わうことができる贅沢な逸品です。私も3Mを全て飲んだことがありますが、魔王が一番美味しかったように思います。

 

 魔王の定価購入方法

 

 それでは、魔王を定価で購入する方法を書いていきます。

 

 魔王醸造元の「白玉醸造」の関連会社のようですが、「(株)白乃さと」(以前は㈲玉利商店という名前でした)という会社に電話をし、名前、住所、電話番号を言うと後日郵送で注文用紙が届きます。その注文用紙に必要事項を記入し、返送すれば、約半年後に魔王を入手することができます!

 

 最初に(株)白乃さとへ電話をしますが、やはり人気のため中々繋がりません。朝9時から受付をしていますが、10時には一日の予定数に達し終了します。

 私は直近の申し込みの際には朝10時に電話をしましたが全然繋がらず、11回目でやっと繋がりました(笑)

 

 電話は機械ではなく、きちんとスタッフの方が応対してくれます。 数日経って申込用紙が郵便で送られてきます。

 

 注意事項がたくさん書いてあります。要約すると・・・

 

・魔王は720ml×3本セット or 1.8L×1本どちらかのみ

・支払い方法は代引きのみ

・返信の際は追跡可能なものをつけた方がいい

・魔王以外の商品も注文できる

 

 あと、箱代の有無やその他魔王以外の白玉醸造の商品の注文などにより、送料がとても複雑になります。 

 ついでですので、今回の申込用紙によって注文できる、その他の白玉醸造の商品も解説します。

 

 まだまだある白玉醸造の銘酒

  

 白玉醸造「魔王」以外にも人気の商品がまだまだあります。次に紹介していく商品たちも魔王ほどではないですがプレミア焼酎に数えられ、定価で販売しているところは少ないでしょう。取り扱いしている販売店も少ないと思います。今回の申し込み用紙によって購入できる商品は4種類あります。

 

 

 白玉の露

 

    

  

 「白玉の露」は白玉醸造の代表銘柄でありレギュラー商品。この「白玉の露」は白玉醸造で唯一「常圧蒸留」で造られています。後で紹介する他の焼酎は「減圧蒸留」という蒸留方法で造られ、比較的ライトな味わいになります。ちなみに魔王も減圧蒸留です。


 常圧蒸留ということもあり、他の焼酎に比べると芋らしい風格を味わうことかできます。本格的で芋焼酎のスタンダード」というべき銘柄。まろやかでふくよかな芋の香味と後味のキレの良さが特徴的。すっきりとした飲み心地と甘みも感じる逸品です。


 ちなみに商品名の由来は若山牧水「白玉の歯にしみとほる 秋の夜の酒はしずかに飲むべかりけり」から来ているそうです。

 

  720mlと1,8Lではボトルデザインが異なっています。

 

【商品名】白玉の露

【アルコール度数】25度 

【使用麹】白麹

【蒸留方法】常圧蒸留

【原料芋】黄金千貫

 

 

 

 

 

 元老院

 

  

 こちらは芋焼酎ではなく、芋と麦をブレンドさせて造っているレアな商品。

 

 芋・麦をブレンドさせている商品で有名なものはこの元老院以外はほとんどありません。パッと思い浮かぶものはアサヒビールが販売している「とんぼの昼寝」くらいでしょうか。

 

 

 

 元老院樫樽で長期熟成している商品でもあります。樽貯蔵ということで、酒質が綺麗な琥珀色になっており、ウイスキーのような香りを楽しむことができます。麦特有の香ばしく軽やかな香味、芋由来のふくよかで甘みのある味わい、麦と芋の両方の特徴をうまく表現した贅沢な1本です。

 

 元老院のお酒の由来は「蔵からの特別な寵愛を受けたお酒」という意味を込めて命名。ラベルにある「舜泉の司」とは故事で「お酒」という意味。特別な思いを込めて製造されていることがわかります。

 

 

 

 天誅

 

 

 元老院は芋と麦をブレンドしていましたが、天誅米焼酎をベースに芋焼酎をブレンドさせて出来た商品。

 

 他に芋と米をブレンドさせているプレミア焼酎に「川越」と「晴耕雨読」などがあります。

 川越は「ANAファーストクラスに採用されたお酒」として有名です。

 

 

 

 

 

 天誅米焼酎の香り高い香味と芋焼酎のまろやかな深い味わいがマッチした魅力的なお酒。

 

 酒名の由来は「天から与えられた豊かな実りのお米とさつまいもから作られた焼酎は、天与の豊穣で醸した焼酎との意味で「天酎」と考えられていたのですが、あえてこだわりをもった仕込みの姿勢(忠誠心)を表現して「天誅」と名付けられました。」とのことです。

 ※今回の申し込み用紙では720mlの注文はできません。

 

 

 

 さつまの梅酒 (彩煌の梅酒)

 

 

 こちらは焼酎ではなく梅酒です。実は白玉醸造では焼酎だけではなく梅酒も製造しています。3Mで梅酒を製造しているのは白玉醸造だけですね。

 

 通称「魔王梅酒」とも呼ばれている梅酒です。 昔ながらの手造りで製造しており、濃厚で独特の香味と爽やかな酸味が絶妙なバランスで醸しあげられています。

 

 焼酎を製造している蔵で製造されている梅酒は焼酎をブレンドしていることが多いのですが、こちらは原材料に焼酎の記載はなし。純粋な梅酒として楽しめ、焼酎の香味が苦手な人へもおすすめできます。

 

 魔王醸造元の白玉醸造が製造している梅酒ということでこちらもかなり希少価値が高い梅酒となっています。この機会にぜひ試してみてください。

 ※720mlと1.8Lはラベルデザインが異なっています。

 ※720mlの注文はできません。

 

 
 

 購入の流れまとめ

 

 分かりやすく申し込みの流れをまとめると、

 

1. ㈱白乃さとへ電話【0994-40-3741】・・・住所・氏名・電話番号などを伝える
 ※受付は平日 祝日を除く (朝9時~10時頃で受付終了) 
 ※

 

2. 申込用紙が自宅に届く

 ※電話から約4~5日程度で届きます。

 

3. 必要事項を記入し、返送

 ※追跡可能な郵便で送るのがベスト 【特定記録郵便:郵送料+160円】

 

  →郵便局にて窓口で「追跡できるやつで」と伝えると用紙を渡され必要事項を記入。追跡番号を書いた紙をもらえます。料金は私の場合244円でした。切手は不要のようです。(切手代が含まれている?)

 

4. 約半年後、魔王が自宅へ到着!

 ※支払いは代引きのみ

 

 まとめ

 

 いかがでしたか?今回はあのプレミア芋焼酎「3M」にも数えられる魔王の定価での購入方法をお伝えしました。

 

 私も魔王720mlを常に3本は家に確保しています(笑)。芋焼酎好きな方へプレゼントする機会ができたり、ちょっとした贈り物にするのにいざというときに魔王をチョイスすると大抵は大喜びしてくれますので。

 今回の定価で購入すると、送料含め1本あたり2,000円ちょっとで購入することができますので何ともお得です!!

 

 自分用にも、贈り物用にもこの電話方法でゲットすることをおすすめします。「今すぐに必要」という方は定価ではないですがネットショップで販売しています。

 

 この記事が皆さんのお役に立てれば幸いです!!