アルコアイランド

利き酒師・焼酎利き酒師・ソムリエの資格を持っている筆者がお酒に関する情報を発信していきます

プレミア芋焼酎「村尾」の定価購入方法!!はがきでの応募方法と当選確率を検証

          

 

 

 皆さんはプレミア芋焼酎の一つに数えられる「村尾」はご存知でしょうか?芋焼酎界のトップ3である「3M」(森伊蔵・村尾・魔王)のうちの一つであり、定価の何倍もの価格で取引されている銘柄です。

 

 定価で販売されていることはほぼ皆無で、極僅かな生産数ですが、需要が多すぎるためにプレミア価格として販売されています。スーパーや酒屋さんの店頭で並んでいるのはプレミア価格であり、定価とは程遠い価格で販売されています。

 

 村尾の定価は一般的な焼酎の値段とほぼ変わりません。720mlですと1,500円、1,800mlだと2,500円程度だと思われます。

 

 しかし、大手ネットショップの楽天Amazonの価格をみてみると、この記事執筆時点では

 

 ★ 楽天 

900ml 7,500円  1.8L 9,950円

 ★ Amazon

900ml    8,300円     1.8L 10,900円

 

 となっており、いかに価格が高騰しているかがわかります。それほど人気で皆が飲んでみたいと思う銘柄なのです。

 

 その村尾もがんばれば定価での購入も可能です。先に結論を書くと、

 

 1. ハガキでの応募 (抽選)

 2. ANA機内での販売

 

 の2通りがあります。この記事ではその入手方法の詳細を記述していきます!!

 

 

 

 

 村尾のおさらい

 

 それではまず高級芋焼酎「村尾」についてのおさらいをします。

 

 
 

 【商品名】村尾

 【メーカー】村尾酒造 (薩摩川内市)

 【使用麹】黒麹

 【蒸留方法】常圧蒸留

 

  3Mの中では比較的芋らしい特徴が強いのが村尾の特徴。芋の香りやコクの深さが森伊蔵、魔王に比べ味わいに表れています。しかし、決して飲みにくいというわけではなく、まろやかな飲み口とやわらかさをも兼ね備えており、飲みやすい味わいになっております。

 

 村尾の定価購入方法

 

 村尾の定価購入方法は大きく分けて2通りあります。

 

 ★ ANAの機内販売で購入する

    一つ目は航空機大手のANAの機内販売で購入することができます。ちなみにANAでの機内販売は通常ラベルとは色が違って青色になっています。

 

 

 

 ★ ハガキで抽選で応募

 

 鹿児島県鹿児島市にある「武岡酒店」という酒店で毎月ハガキでの応募による抽選定価販売を行っています。1.8Lのみで720mlの抽選はありません。そして当選したとしても村尾1.8L×1本と武岡酒店が推奨する焼酎(1.8L)×1本の抱き合わせ販売となります。

 

 村尾の価格は2,650円(税込)、そして武岡酒店推奨焼酎は2,400円~3,200円のあいだです。焼酎2本の価格は5,050円~5,850円となります。

 それから箱代が360円、代引手数料330円、それに送料がかかります。

 一番安い推奨焼酎ですと5,740円+送料、逆に一番高い推奨でも焼酎だと6,540円に送料の値段で村尾1本+別の焼酎1本が手に入ります!!

 

 先ほど書いた楽天amazonの価格(楽天9,950円、Amazon10,900円)の価格に比べると格段に安く、さらにもう1本焼酎がついてくると考えるととてもお得に村尾が入手できます。

 

 応募方法はというと、普通ハガキに

 

【表面】

・890-0031

 鹿児島市武岡2丁目1-3 武岡酒店宛 

 

【裏面】

・氏名

・郵便番号

・住所

・電話番号

・年齢

 

を書いてポストに投函するのみです。

 

※毎月1日~10日必着 (消印有効)

※当選すると月末までに商品が到着

 

 のちほどハガキでの当選確率を検証していきますが、中々すぐには当選は訪れないでしょう。ですので、当選確率検証の前に、「村尾」以外にもまだある村尾酒造の他の焼酎をご紹介します。

 

 まだある村尾酒造の銘酒

 

 村尾酒造で文句なしで一番有名なのはやはり「村尾」ですが、その他にも他の蔵に比べれば少ないですが、数種類焼酎を造っています。

 

 薩摩茶屋

 

 

 これは知っている人も多いと思いますが、村尾酒造が造るレギュラー芋焼酎これは楽天やアマゾンでも一般的な芋焼酎と同程度価格で販売されています。この記事執筆時点だと、

 

 ★楽天    

900ml 1,150円~   1.8L 1,980円~

 

 ★Amazon 

900ml 1,968円~   1.8L 3,015円~

となっています。

 

 薩摩茶屋のスペックは、

 

【商品名】村尾

【メーカー】村尾酒造 (薩摩川内市)

【使用芋】黄金千貫

【使用麹】黒麹

【蒸留方法】常圧蒸留

 

 村尾と同じく味がふくよかでどっしとしたコクが特徴の黒麹、昔々から継がれてきたオーソドックスな「常圧蒸留」という蒸留方法で造らています。

(※ちなみに「魔王」黄麹、減圧蒸留で造られています。黄麹を使用するとフルーティーに、減圧蒸留で造ると軽快でクリアな酒質になります。)

 

 村尾と薩摩茶屋の違いは、村尾は国産薩摩茶屋はタイ米を使って造られます。村尾に比べると薩摩茶屋はややスッキリしておりさっぱりめな味わいですが、もちろん村尾酒造が造るだけあってクオリティが高く、芋焼酎の奥行きも感じることができます。

 

 実店舗でも見かけることはありますが、比較的見つけるのは難しい、あってももしかするとネットの方が安いと思いますので手間と労力を考えるとネットで購入した方が無難だと思われます。

 

 

 

 

 

 むんのら

 

 

 こちらは村尾酒造が造るスーパープレミア焼酎。村尾、薩摩茶屋は芋焼酎でしたが、このむんのらは麦焼酎。なんでも杜氏の村尾氏が芋焼酎の仕込みを全て終了し、余力のある年だけ少量仕込む幻の逸品とのことで、まったく流通していない商品です。値段は楽天では1.8Lで60,000円前後~と値段も超プレミア価格!!Amazonでは10万近くします。

 

 購入は現実的ではないですが、焼酎好きのうんちくでむんのらの存在を知っておくのもいいかもしれません。

 

 

 

 【村尾】ハガキでの当選確率 【武岡酒店】

 

 それでは、武岡酒店によるハガキでの抽選販売の確率を検証していきます。

 

 筆者は2020年9月より抽選販売に応募しています。毎月その結果を記入し、当選確率を導き出そうと思います。

 

 2020年9月応募 ・・・  結果 

 

 まとめ

 

 いかがでしたか?今回はプレミア芋焼酎「村尾」の定価での購入方法やその他の村尾酒造の商品を紹介しました。人生に一度は飲んでみたいと思う3Mのひとつ「村尾」。プレゼントにも最適で、中々抽選では当選できないでしょうからネットショップで最短で購入するのも一つの手だと思います。

 

 是非一度絶品芋焼酎村尾を堪能してみてください!!